ニキビ痕

ニキビ痕改善で美肌の森

ベルブランとリプロスキンの違い

読了までの目安時間:約 3分

ベルブランとリプロスキンの違いです。

 

何をしてもなかなか改善されないニキビ跡に悩む女性のために開発されたのが、「ベルブラン」や「リプロスキン」です。

 

これらのアイテムは、今まで改善するのが難しいと言われていた凸凹としたニキビ跡や、黒ずみや赤いニキビにも効果的です。

 

では、2つの商品がどのように違うのか、配合されている成分の違いをみてみましょう。

 

まずベルブランですが、この商品の大きな特徴は抗炎症・美白・保湿この3点が1つで可能だという点です。

 

ベルブランに含まれている抗炎症成分「グリチルリチン酸ジカリウム」が、再発するニキビまたは、赤くなってしまった炎症を残すニキビ跡に高い効果を発揮します。

 

そして、トラネキサム酸によるメラニンの生成を抑制し、排出機能を高めるので、黒ずんでしまった色素沈着にも効果的です。

 

保湿には、トリプルヒアルロン酸を採用しているので、肌内部までしっかり保湿できるのも嬉しいですね。
ベルブランでニキビ痕改善効果と口コミ情報はこちら→ベルブラン

 

 

次に、リプロスキンです。

 

こちらは、導入型の柔軟化粧水として開発された商品で、後に使うスキンケアアイテムの効果を最大限まで引き出す効果も期待できます。

 

リプロスキンの主な効果は、古くなった角質を柔らかくして透明力を高める効果や、「グリチルリチン酸ジカリウム」で炎症を抑えて「水溶性プラセンタ」で保湿する効果を発揮します。

 

また、8種類のナノ化美容成分を配合しているので、肌内部に長い期間留まらせる効果も期待できます。
リプロスキンがニキビ痕に効果がある理由は→リプロスキン

 

 

どちらもニキビ跡には非常に効果の高いスキンケアとなりますので、是非お試しくださいね!

 

ベルブラン公式サイト↓
2510

 

タグ :  

ベルブラン リプロスキン 比較

この記事に関連する記事一覧