ニキビ痕

ニキビ痕改善で美肌の森

テアテ(teate)とリプロスキンを比べてみて気づいた大きな違いとは?

読了までの目安時間:約 4分

テアテ(teate)とリプロスキンを比べてみて気づいた大きな違いとは?

にきびって本当に嫌ですよね。

若い頃からにきびに悩まされている私は、今は大人にきびに悩まされています。

繰り返しできるにきび、しかもしっかりとにきび跡まで残ってしまって困りものです。

にきびができていることも嫌ですが、毎日のお化粧も大変です。

本当は、何もしない方が良いのでしょうが、隠さないという選択肢も私の中ではなしです。

休日、外出しない日は、お化粧もしなでにきびの手当てに専念できますが、仕事等で外出するときは、どうしても隠すためにお化粧をしますし、そうなるとデコボコのにきびに困らされているのです。

最近、知り合いに、にきびに良い化粧水があると教えてもらいました。

「テアテ」という医薬部外品です。

テアテは、シメン-5-オール・グリチルリチン酸2K・アラントインという3つの成分がアクネ菌を減らす働きかけをしてくれます。

それぞれ殺菌成分・抗炎症・美白などの働きかけをしてくれますよ。

にきびケアをして、更に肌の向上も期待できるなんて素敵ですね。

他には、8種類のハーブが入っています。

それぞれ、肌の引き締めやビタミンC、美白、抗菌、消炎、解毒、鎮静等、こちらもにきびケアだけでなく、お肌全体のことが考えられていますね。

抗酸化や免疫力向上等にも良い成分が入っていますが、どれも天然にこだわった成分が選び抜かれていて、不要なものは一切入っていません。

香料や着色料も合成されたものは入っておらず、7つの添加物を除外した無添加の処方となっています。

どなたも安心して使えると思います。

もう1つ良い化粧水があると、同じ知人が教えてくれました。

それは「リプロスキン」です。

こちらは薬用に分類されています。

肌への浸透力が特徴となっています。

成分の分子がナノサイズに小さくなっていて、水と油のどちらにも馴染みやすいブースター技術で、普通の化粧水では難しい角質層まで成分を届けることが可能です。

にきびと美白のメイン成分として、グリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタが保湿のために入っています。

プラセンタと聞くと、アンチエイジングにサプリに入っている印象が私は強いのですが、化粧水に入っていて、お肌に直接取り入れることができるのですね。

他には、コラーゲンやヒアルロン酸、アロエや大豆、米ぬか糖も入っています。

さて、どちらを使ってみるか迷ってしまいます。

テアテは、にきびケアの天然成分がたくさん入っているので、肌に浸透させて、その働きを与え続けてくれます。

にきびのデコボコやシミになりがちなにきび跡にも働きかけてくれるので、肌がキレイになる期待が持てます。
口コミでも人気です。
テアテ(teate)の口コミ効果レビュー!ニキビケアの噂は本当?

詳しくはこちら↓

リプロスキンは、プラセンタの潤いで、にきびケアをしてくれます。

毛穴ケアにも良いと言われています。
こちらの記事もごらんください。
リプロスキン

詳しくはこちらリプロスキン公式サイト↓

気になる方、自分に合うと思う方から試してみると良いかもしれませんね。

us

 

タグ :  

テアテ(teate) リプロスキン

この記事に関連する記事一覧